28.2.4富川沖

 シケが続いて何度かの釣行中止があり、2月4日漸くOKが出て午前3時起床4時に自宅を出発し港に5時過ぎに到着する。

釣り客10名、右舷船尾から2番目に釣り座を設ける。オオナゴ3パック。

船は6時に出港し約30分ほど走って釣り開始。すぐに当たりがあるものの釣れてくるのは小型のクロゾイばかりで全てリリースする。

そこで仕掛けを投入し最初の小型と思われるアタリは無視して、大型が追い食いするまで我慢して待つことにした。

従って大きな当たりがあって初めて釣り上げると良型と小型のクロゾイがダブルで釣れてくる。

他の人は最初のあたりでリールを巻いてしまうため相変わらず小型しか釣れず、船頭に小さいのしか釣れないと文句を言っている。

入れ食いのように良型クロゾイが釣れるが、釣り客から苦情が出たためか場所を移動するとぱったりアタリが遠のき、その後はマゾイとスケソーがポツポツ釣れるにとどまる。

結果はクロゾイ良型5、マゾイ3、スケソー4(他はリリース)、ガヤ1とまあまあの釣果であったが、終盤左隣がマゾイの大型を、右隣がシマゾイの大型をそれぞれ上げる。

おかげで全体では平均して私が一番釣っているにもかかわらず、我ながら欲深いのか何となく不満で終わったのだった。

クロゾイは脂が乗っていたので刺身、しゃぶしゃぶ、握り寿司さらにソイとスケソーを混ぜてさつま揚げとすり身汁にしたがとても美味しかったのであった。

                                                                                                                           
003

スケソー4匹だけキープし、他はリリース
005

クロゾイの脂の乗りは最高
011

さつま揚げ
008

ソイとスケソーを合わせた、つみれ汁

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

«28.1.13富川沖